FC2ブログ
2009年09月09日 (水) | Edit |
いったい、この世の中にどれだけの本があるんだろう・・・・

その多数の中から、どれだけ「いいな」と思える本に出会えるのかな。

なーんて事を
読書家で、ついに古本屋さんまで開いてしまった少し年上の友人と話しておりました。

彼が言うには100P読んで面白くない本は読み続ける必要が無いと
あっさり、バッサリ切り捨てるそうです。
生きてるうちにあとどれだけ読めるか・・そう思うと面白くない本と向き合ってる時間は無駄なんだそうです。
この友人はジャンルに垣根が無くて
木原音瀬さんの『箱の中、檻の外』を面白かったと、BLの話とかも出来ちゃう貴重な男友だちです。

ヒカルはケチ根性のせいか、お金を払って購入した本だから、面白くない本でも勿体なくて、放り出せない・・・・・・・・(^_^;) いや、人生には無駄も必要?
なんて自分に言い訳しながら、未読の本を片っ端から読み続けております。


BLじゃ無いけど、凄く面白い本と出会いました。  

読んでる間は無我夢中で、読み終えた後も
その世界観からなかなか抜け出せなかった。


普段BLの読みやすさに慣れて、最初は、挿絵も無い文字もビッシリなこの本を読みにくく思ったのですが1巻を読み終える頃には、もう次が読みたくて読みたくて我慢できなくなっていた。

文庫なのに厚みがスゴイしお値段も新書なみ?
それでも夢中になって、この本を読み終えるまで
家事は手抜き・・・いや、これはいつもの事か(苦笑)



私は文章がヘタくそなので、その面白さを上手く伝えられないと思う。
でも、頑張って書いて見るね 



騎士(シヴァルリ)の息子 上 <ファーシーアの一族> (創元推理文庫)騎士(シヴァルリ)の息子 上 <ファーシーアの一族> (創元推理文庫)
(2004/12/18)
ロビン・ホブ鍛治 靖子

商品詳細を見る
349ページ ¥819


STORY

“技”とよばれる力を持った遠視者一族が治める六公国。そこに、継ぎの王の私生児として生まれた男の子がいた。庶子と名付けられたその子は、王の命で密かに暗殺者としての教育を受ける。折しも宿敵外島人の赤い船団による沿岸地域への襲撃が激しさを増し、六公国は次第に疲弊してゆく。王家の影として生きる宿命を背負った少年の成長と試練。魔法と陰謀が渦巻く異世界ファンタジー。


騎士(シヴァルリ)の息子 下 <ファーシーアの一族> (創元推理文庫)騎士(シヴァルリ)の息子 下 <ファーシーアの一族> (創元推理文庫)
(2004/12/18)
ロビン・ホブ鍛治 靖子

商品詳細を見る
312ページ¥777

STORY

六公国未曽有の危機に再開された“技”の訓練。庶子ゆえの禁忌を超えてフィッツも参加を許されるが、技の長はなぜか彼にむき出しの敵意をぶつけてきた。一方、継ぎの王ヴェリティは、自らを限界まで酷使して赤い船団の襲撃を防ごうとする。そんな折、ヴェリティに政略結婚の話がもちあがった。フィッツも花嫁を迎えに山の王国へ赴く一行に加わるが、彼は王から密命を受けていた。


帝王(リーガル)の陰謀 上 <ファーシーアの一族2> (創元推理文庫)帝王(リーガル)の陰謀 上 <ファーシーアの一族2> (創元推理文庫)
(2005/07/08)
ロビン・ホブ

商品詳細を見る
564ページ¥1365

STORY

好評の異世界ファンタジー!兄から継ぎの王の地位と花嫁を奪おうとしたリーガルの企みは潰えたが、フイッツは山の王国で受けた暴行と毒ですっかり身体を壊していた。そのうえ、陰謀を企んだ当の本人が大手を振って歩いていることに、彼のいらだちは募るばかり。幼馴染のモリーの存在も悩みの種だ。王に誓約した身では、恋をすることもままならぬ。一方、継ぎの王に嫁いだ山の王女は、宮廷で孤独を感じていた・・・。


帝王(リーガル)の陰謀 下 <ファーシーアの一族2> (創元推理文庫)帝王(リーガル)の陰謀 下 <ファーシーアの一族2> (創元推理文庫)
(2005/07/08)
ロビン・ホブ

商品詳細を見る
551ページ¥1365

STORY

赤い船団に捕まり溶化された人々は、感情も知性も失い獣以下の存在となる。海が穏やかになり再び賊徒の襲撃が始まった。自らの“技”も建造した艦隊も、襲撃を防ぎ切れないことに絶望したヴェリティは、伝説の旧きものに助力を乞うべく探索行に赴く決意を固める。王は体調がすぐれず継ぎの王は不在、そんな好機をリーガルが見逃すはずはなく、宮廷は不穏な空気に包まれはじめた。


真実(ヴェリティ)の帰還 上<ファーシーアの一族> (創元推理文庫)真実(ヴェリティ)の帰還 上<ファーシーアの一族3> (創元推理文庫)
(2006/02/27)
ロビン・ホブ

商品詳細を見る
676ページ¥1500

STORY

王位に野心を燃やすリーガルにとらえられたフィッツ。命はとりとめたが、払った犠牲はあまりに大きかった。一方バックキープでは、王は殺され、継ぎの王は行方知れず。身の危険を感じた継ぎの王妃は、間一髪でリーガルの魔手を逃れて旅立ったものの、従うは道化ただひとり。王位は簒奪者の手におちた。フィッツはリーガルに復讐すべく、狼を伴い単身内陸の地を目指すのだが…。


真実(ヴェリティ)の帰還 下<ファーシーアの一族> (創元推理文庫)真実(ヴェリティ)の帰還 下<ファーシーアの一族3> (創元推理文庫)
(2006/02/27)
ロビン・ホブ

商品詳細を見る
658ページ¥1500

STORY

命をとりとめたフィッツは、死んだと思われていることを利用してリーガルに復讐すべく、絆を結んだ狼だけを伴い、単身内陸の地を目指す。だがそこに待ち受けていたのは……。リーガルの罠からフィッツを救ったのは、行方不明となっているヴェリティの圧倒的な“技”の力だった。“わがもとへ来よ”ヴェリティの呼びかけに、応えようとするフィッツ。一方、彼を捨てたはずの恋人は、密かに娘を産んでいた。このままでは自分の幼い娘が、後継者争いに巻き込まれる。フィッツは王を見つけ、六公国を救うことができるのか? 圧倒的なスケールと驚愕の結末。〈ファーシーアの一族〉三部作ついにクライマックス。


 reading02.gif  ネタバレ80%です。OK?では続きからドウゾ





[READ MORE...]
スポンサーサイト