FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年10月13日 (火) | Edit |
R134とは
神奈川県横須賀市を起点とし、同県中郡大磯町を終点とする一般国道の事。

R134 茅ヶ崎海岸線


ヒカルのような北海道人にはR134がどこのルートなのかサッパリわかりませんでした。
R134は海岸線がいい感じですね。
オープンカーなどでドライブすると気持ち良さそうです。


さて、このR134というタイトルはこの小説の中でどんな風に位置しているのでしょうか。
橘紅緒さん、デビュー作からずっと読み続けてる作家さんで、そして今も必ず買う作家さんです。

うまく感想が書けるのか・・・・・かなり不安ですが、とりあえず挑戦してみます。

R134 (SHY NOVELS 231)R134 (SHY NOVELS 231)
(2009/09/26)
橘 紅緒

商品詳細を見る



STORY

「俺だけ見て、俺に話して、俺だけに優しくしてくれればいいんだよ」
四年前、白倉梓朗は幼馴染みで誰よりも大切な麻也を守るため、留学を決意した。
そして今日、麻也のもとへ帰ってきた。
けれど、梓朗の留学を裏切りとしか考えられなかった麻也は
「一生おまえの顔は見たくなかった」と梓朗に告げる。
一緒にいることに馴れすぎていたふたりの別離。
それは互いに不安とより強い独占欲を抱かせもした。
麻也を誰よりも理解しているのは自分だ、
絶対的な自信を持っていた梓朗だが・・・!?




一本のロープに何カ所か結び目があって、それを端からたどって一つ一つ結び目をほどいて行くと最後には綺麗な一本のロープになりました!という感じの小説かな?

て、大雑把な例えでよく分からないよね。(^◇^;)

読み進めて行くと、途中、登場人物が何故そう思うのか、何故そうするのか、よく分からなくて置いていかれるような感じになる所があるんです。でも、先を読むとちゃんと答えがあって、未解決な感情が綺麗に繋がっていく・・・・まさに橘ワールドです。


ネタバレ率95%になっております。(当社比)
許せる方のみ続きをお願いします。

[READ MORE...]
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。