FC2ブログ
2009年10月22日 (木) | Edit |
お・・・・・・・・

可笑しい~~~~~~!!(〃^∇^)o_彡☆ァハハハッ!!

BL界の中でも、この出会いはベスト3に入るのでは?

はじまりは窓でした。 (新書館ディアプラス文庫 227)はじまりは窓でした。 (新書館ディアプラス文庫 227)
(2009/10/10)
名倉 和希
イラスト 阿部あかね
商品詳細を見る


STORY

自分にも他人にも厳しく、部下から煙たがられている吉国。ある日、ワケあって自分の股間をチェックしていると、高層ビルなのに窓の外から視線を感じる。顔を上げたら、そこには窓拭きの清掃員・白柳がぶら下がっていた―!口止めをするべく会社を調べて会いに行くが、彼は気持ちのいい青年で、一緒に食事をすることになり…?窓拭き職人×エリートリーマン、働く男たちの年下攻ラブ。


出だし紹介するとね・・・

吉国幸一は茫然と固まっていた。
地上30メートルほどの窓の外にはビルの窓ふき清掃員
男は吉国と目が合うと、にこっと笑顔になった。爽やかな印象だ。
はじまりは窓でしたconvert_20091022004437

吉国はハッと我に返った。

彼が一点を凝視している・・・・この視線は吉国の股間に注がれている。

「見るな、バカ者っ」

吉国は更衣室で、おのれの性器を衣服から出して握っているところを、
窓の外から見知らぬ男に見られたのだった。


こんな感じでこの物語は始まります。

まさに「はじまりは窓でした」です。

吉国がなぜ股間を出していたのか・・・は、
ネタバレおKな方だけ続きからお願いします。

それにしても・・・・窓ふき清掃員もビックリな状況ですよね。nekoきゅ0--

[READ MORE...]
スポンサーサイト