FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年05月19日 (水) | Edit |
今年の本屋大賞「天地明察」であります。
久しぶりの更新なのにBLじゃ無くて申しわけありませんです。


著者は冲方 丁(うぶかた とう)氏
蒼穹のファフナーの脚本されてる方です。
蒼穹の

ライトノベルの方でお名前を知っていたのですが
手にする機会がなく今回の「天地明察」が初です。

さて、BL好きな私が注目させられたのは 下の本 『冲方 丁』 氏の処女作です。

黒い季節黒い季節
(2006/12)
冲方 丁

商品詳細を見る


STORY

暴力団員の黒羽組の藤堂惣一郎は少年を車で轢いてしまう。明らかに死に至る事故。しかし少年は無傷で、記憶を失っていた。そのまま男の家で暮らすようになったその妖しいほどに美しい少年に、男は「穂」という名を与える。やがて少年の背に彫られた両目がない美しい無明龍の入れ墨に導かれるように、藤堂は彼の出自を辿り始めるが。不思議な力を持ち、世界に贖われた存在―少年と男の再生の物語。『マルドゥック・スクランブル』の冲方丁、珠玉のデビュー作。

ヤクザと妖しいほどに美しい少年・・・・・
                       
おお!まるでBL のようじゃありませんか 20090927234341e5f.gif

本屋大賞の本よりむしろ、こちらの方が気になります。( ̄∀ ̄*)腐腐腐・・・



天地明察は500ページ近くある単行本ですが
とても読みやすくて、あっという間に読み終えてしまいました。

面白かった?と聞かれれば、「とても興味深く読めた」という感じでしょうか。


天地明察天地明察
(2009/12/01)
冲方 丁

商品詳細を見る


STORY

江戸時代、前代未聞のベンチャー事業に生涯を賭けた男がいた。ミッションは「日本独自の暦」を作ること―。碁打ちにして数学者・渋川春海の二十年にわたる奮闘・挫折・喜び、そして恋!早くも読書界沸騰!俊英にして鬼才がおくる新潮流歴史ロマン。


冲方 丁
1996年、大学在学中に「黒い季節」で第1回スニーカー大賞を受賞しデビュー。以後、小説を刊行しつつ、ゲーム、コミック原作、アニメ制作と活動の場を広げ、複数メディアを横断するクリエイターとして独自の地位を確立する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


簡単な感想で宜しければ
続きから 宜しくお願いします。reading02.gif
[READ MORE...]
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。