FC2ブログ
2009年10月06日 (火) | Edit |
『迷う男』は「Punch↑」のスピンオフです。

この二人、変です。変なんだけど、可愛い と、思う私も変?

原作・イラスト: 鹿乃しうこ
ルボー・サウンドコレクション ドラマCD 迷う男ルボー・サウンドコレクション ドラマCD 迷う男
(2009/08/26)
イメージ・アルバム笹沼尭羅

商品詳細を見る

 原作本はコチラ~
                              (滝川樹) 羽多野渉
迷う男(バンブーコミックス 麗人セレクション)迷う男(バンブーコミックス 麗人セレクション)
(2008/09/17)
鹿乃 しうこ

商品詳細を見る
笹沼尭羅 (御園生涼司)

STORY

憧れの建築家・御園生涼司と仕事することになった駆け出しのインテリアコーディネーター・滝川樹。だが実物の御園生は不遜で方向音痴、とてもじゃないが尊敬できる人格の持ち主ではなかった。しかしクリスマス・イブ当日、なぜか御園生の部屋に招待され、うっかりカラダの関係を持ってしまった滝川だったが、その裏には想像を絶する「オチ」が待ち受けていた!?麗人本誌で話題の滝川・御園生カップルが遂にコミックスで登場!!シリーズ3作と描き下ろし番外編のほか、赤裸々エッセイコミックと読み切り1編を収録した待望の最新コミックス。



キャスト:
(滝川樹) 羽多野渉×笹沼尭羅 (御園生涼司)/ 亀井芳子(頼子)/ 疋田涼子(リカ)/ 中根久美子(アレキサンダー)/ 松岡大介(社長) /中田隼人(担当者)/ 岡部涼音(店員)/ 藤葉愛香(女性コーディネーター)/ 丸山ゆう(女性)

発売日: 2009年08月26日    2,940 円
収録時間: 65分36秒    トークなし
マリン通販初回特典: キャストトークCD 14分54秒
発売元:マリン・エンタテインメント /竹書房バンブーコミックス 麗人セレクション
脚本: 椎名理生
音響監督: 小川信寛 
録音調整: 山下裕康(ヒロサウンドテクニック) 
音響効果: 出雲範子(スワラ・プロ)
録音スタジオ: スタジオT&T 
音響制作: 神南スタジオ 
音楽: ミリオンバンブー
ブックレット:描き下ろし4コマ漫画「KAKIOROSHI」
【INDEX】
01.迷う男1
02.迷う男2
03.迷う男3


ネタバレOKな方は「続き」からお願いします。

 20090927234341e5f.gif






迷う男と迷う男に惑わされてる男の話です。
SMプレイありのコメディです。

迷う男1

御園生は方向オンチで道に迷い予定通りに目的地に着かない。
レストランでメニューに迷い滝川に決めてもらう。

仕事を組む事になった滝川はついつい世話を焼いてしまう。

「猫を家まで見に来ないか」と誘われたのが、たまたまクリスマスイブ
訪れた御園生の部屋は凄い散らかりようで、目的の猫はいなかった。

婚約者が慰謝料替わりだと言って連れて行ってしまった。

可哀想になった滝川はケーキをねだる御園生に食べさせてやると指まで口に含まれて
エロい気分に!!

「ゲイじゃないけど試してみたい」
ゲイだから彼女を抱けないのか、好きじゃなくなったから抱けないのか知りたいと御園生は滝川をベッドへ誘う。ここでも迷ってますね。

迷う男に惑わされた滝川は自分がバイだったんだ・・・と確信する。

御園生の事が好きになった滝川は御園生が以前の事務所の人間「牧」の名を寝惚けてつぶやいた事に嫉妬する。

翌日会社で御園生と合い
滝川は告白し牧との関係を確認する。

俺がバイなのか、彼(牧)が特別なのか、確かめたかった・・と御園生は打ち明ける。

御園生は牧のようになりたかった。
だが、牧にとって自分は恋愛対象というだけの存在でそれは屈辱だったから独立した。
と御園生は言う。

滝川は「セフレでもいいから。」と強引に御園生とつき合う事に。

ホテルへ向かいベッドでもつれ合っていると、御園生が

「もしかしたら、ただの淫乱なのかも?」・・・・・迷ってますね。

そして、「俺、マゾなのかな?君はどう思う?」

と問われた滝川は早速
家でクマのぬいぐるみ相手に亀甲縛りの練習をするのであった。

御園生という男、あらゆる場面でさんざん迷ってます。


迷う男2

滝川は思う・・・。

「俺は基本、普通だったハズ・・・。」

それなのに、ベッドの中でスパンキングし

「もっと、キツく縛って、きつく叩いて、もっと酷いこと言ってくれ・・・・。」
御園生の要求に従順に答えていく。

もう、好きだからいいじゃん・・・・と居直る滝川に御園生がまたもや、迷いの言葉を・・・・

「滝川くん・・・失禁するのってどんな感じだろーな?」 

!!!  ( ̄▽ ̄;)

御園生のズレた迷いにどこまでも試されている滝川です。


御園生のオフィスから元婚約者が出てくるのと鉢合わせ、
御園生の唇に口紅のアトを発見
嫉妬に狂う滝川は御園生を連れだし寝室に連れ込み縛り上げ、言葉攻めのあげく

「俺も出ちゃう・・」のあとに御園生の失禁シーンに唖然

失禁シーンから、御園生にずらされる、日々

顔を合わせたくなかったのは恥ずかしかったからなのか・・・

滝川はマンション前で御園生を待ち伏せし、なんとか仲直りをしたのだが

「怒ってない君はつまらない・・・・そう言ったら君、何してくれるの?」
どんどんエスカレートしていく御園生に滝川は

スカトロでもなんでも!とヤケになるのであった。


迷う男3


往来でつぶやく御園生の一言

「そういえば俺、今日、パンツ履いてないんだよね。」

・・・・・・・・。ノーパンの意味がわからん。

「君が喜ぶかと思って」

あげく「君のマンネリが悪い」と詰り出す。

緊縛、スパンキングが足りないと・・・・・
御園生の気持ちを待つために「セフレ」で・・・と思っていたが滝川も限界か
「だったら、他をあたってください」と投げやりな言葉が飛び出す。


真夜中に電話がなり御園生が「今、いる場所がわかならい」

「逢いたい」と告げられた一言で
滝川は家を飛び出し、御園生のマンションへ向かうが
当の本人は、ついに帰って来なかった。  

実は・・・・御園生は滝川の家で待っていたようです。



翌日、雨の中 御園生の現場に立ち寄った滝川は、鳴りだした携帯に気をとられ、
足を滑らせて、掘削中の穴の中へ落ちてしまう。(その時携帯をどこかに放り投げたようだ)


滝川と連絡が取れずイライラする御園生
滝川の家に来てみても、まだ留守のようだ。

そういえば、いつから俺はここに来るのに迷わなくなったんだろう・・・・
ただ君がいるというだけの街なのに・・・・・・・・滝川がいない・・・・。

あちこち滝川を捜して、つに現場の掘削した穴の中から
好きだぁ~~~と叫ぶ滝川を発見した瞬間、御園生も穴に落ちる・・・・。

御園生の携帯は電源が入らなくなっていて

「君を捜すために電池を使い切ったんだ!!」と逆切れしながらも
滝川と御園生は穴の中で泥んこレスリングのようにもつれ合う。



御園生が落ちて来るとき、偶然、滝川の電話も落ちて来たようで、なんとか助かった二人のその後

無人島へ行くと・・・・・・張り切る御園生を見て・・・・・まさか!!

SMの次は・・・・・・・

「アウトドアがあんなに楽しいとは~~~

アオカンかーーーーーーーーーーっ! !?∑(;゚□゚)y

「今日はベランダで我慢して下さい。」

ベランダー
        ヽ(*✪∀✪*)ノ

ウキウキした男は滝川を迷わせ続ける。

*:..。♦♫♦*゚¨゚・*:..。♦♫♦*☆


穴に落ちた滝川がビロロロロロ~~~~~ンという効果音と共に
御園生の事を想像するシーンがとにかく可笑しいです。


男前な攻めも良いのですが、羽多野さんはヘタレ攻めが本当によく似合う。
BLな現場はドえらいセリフを喋らせられますね。
羽多野さん演じる滝川という役、面白かったです。
御園生に振り回されながらも、一生懸命に好きな感じが伝わって来ましたよ。

そして御園生役の笹沼さんーーーーー!いいねっ
こんなじっくり笹沼さんの演技聞いたの初めてじゃないだろーか???
もっと、聞きたい!聞かせて欲しいです。
トボケタ役もいいけどクールな役も似合いそうです。

原作通りでキャスティングもイメージピッタリな作品でした。

スパンキングや失禁シーンまでもあるのに、SMらしさよりも
コメディー感が強くて、それが、この作品の魅力になってます。

初回特典のフリートークでは

羽多野さん笹沼さん共に不思議な雰囲気の漂う作品と言っておりました。
羽多野さん笹沼さんお二人とも、現実方向オンチらしいです。

あと、笹沼さんは犬好きで実家で「ジョイ」という洗剤みたいな名前の犬を飼ってる話や羽多野さんは動物アレルギーで写真で楽しんでる話

お題、印象に残るクリスマスでは
羽多野さんは天体望遠鏡を貰った話
笹沼さんは、カクテルドレスを着た女性と天望レストランみたいな所で・・・・・という願望のみで実際はやらないと思う・・・。と、言っておりましたが・・・・

お題、九死に一生では
羽多野さんは軽トラックにハネラレタ事 、笹沼さんは海で溺れたり硝子に倒れ込んで顔面傷だらけになったお話。


CDジャケット 開いた感じが素敵ですね。
足元のクマさん!!縛られてますよっ!亀甲縛り?
迷う男_20091005230615


最後はアオカンに目覚めた御園生ですが次に目を向けるのは何か非情に気になる所です。
滝川の苦労が忍ばれます。



クリックしたら少し大きくなります。
       
迷う男2_20091005230910




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可