FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年04月18日 (日) | Edit |
最近、手にした本の中で気に入ったのが
渡瀬悠宇さんの「櫻狩り

ハードカバーのコミック本に、出版社さんの強気を感じて手にとりました。

渡瀬悠宇さんの作品といえば
『ふしぎ遊戯』『妖しのセレス』『絶対彼氏』が著名作らしく
タイトルだけは知っていたのですが
作品に触れたのは、今回が「お初」です。


【これまでの渡瀬作品とは一線を画す記念碑的作品。】
と、いう事なのですが、これまでの渡瀬さんを知らない私は
素直にこの作品と向き合うだけです。

あぁ・・・・これはBLなの?と問われれば
御曹司の『蒼磨』はバイセクシュアルですが同性と絡むシーンの方が多いですし
主人公の書生『田神』は御曹司にレイプされてしまうシーンもありですが
簡単にBL作品では括れないと答えた方が正解かな。



櫻狩り 上 (フラワーコミックススペシャル)櫻狩り 上 (フラワーコミックススペシャル)
(2008/04/18)
渡瀬 悠宇

商品詳細を見る



僕を殺して呉れないか

時は大正九年。
一高入学を目指して志高く上京した田神正崇(たがみまさたか)が奇しくも出逢ったのは、謎めいた美青年、俟爵家の御曹司・斎木蒼磨(さいきそうま)だった。

その時から、正崇の運命が狂おしく迸りはじめる――!! 
愛憎入り乱れる、美しくも悲痛な大正浪漫幻想譚!!



櫻狩り 中 (フラワーコミックススペシャル)櫻狩り 中 (フラワーコミックススペシャル)
(2009/03/06)
渡瀬 悠宇

商品詳細を見る





櫻狩り 下 (コミックス単行本〔フラワーズ〕)櫻狩り 下 (コミックス単行本〔フラワーズ〕)
(2010/03/08)
渡瀬 悠宇

商品詳細を見る



究極の愛を描いた話題作、ついに完結!!


誰を信じ誰を愛せば良いのか?
真実はどこにあるのか?息苦しいまでの愛が横溢した傑作。

reading02.gif

時代背景が「大正」というだけで、ワクワクしちゃいます。

主人公の田神は純朴な青年風ではありますが、その心には影があります。
彼の家は貧乏で子どものいない夫婦の元に養子に出され
夫婦の愛情を一手に引き受けて幸せになるはずだったのですが
その夫婦に子どもが授かった事から、当然愛情はそちらに向きます。
生まれて来た弟は身体が弱く、両親を独り占めされて
弟の存在を疎ましく思いながらも、表面的には良い子で田神は過ごして行きました。

勤勉な田神が進学のため上京して書生として住んだ斎木家は
体面だけは立派な俟爵家ですが、その中身は
ドロドロとした憎しみの籠もった思惑渦巻く屋敷でした。

美しい御曹司・斎木蒼磨(さいきそうま)を中心としてそれに絡む登場人物たち。

愛人の子どもであった蒼磨は母が亡くなった後、この屋敷に引き取られて来ます。
当然、そこには本妻がいて、蒼磨の存在は歓迎されません。

本妻が風呂場で自殺し
父は病から寝たきりになり
屋敷に閉じ込められるようにして育てられたワケありの本妻の子どもの影がちらつき
蒼磨と関係を持つ複数の男達がいて
歪み、ねじ曲がり、呪いながらも生きている美しい御曹司

書生としてやって来た田神に蒼磨は彼の持つ純真さに癒しを感じ
惹かれ大事に扱うのですが
物語が展開して行くと、隠されていた秘密が暴かれ
田神も斎木家の増愛に絡まれて行きます。

複雑な家族と憎しみで彩られた愛憎ドラマです。

純朴な田神は蒼磨との関係に激しい抵抗を感じてましたが
心の奥深い所で彼の求めるものを理解し受け入れて
彼との未来を選ぶのですが・・・・・・



一言で言いますと「面白かったです。」
最近、パンチのある作品にあまり出会ってなかったせいか
上巻読んだら次、次と一気読みしちゃいました。
贖罪と赦しがテーマーのようにも思いますが
いろんなものを削いでいったら、最後にはものすごく「単純な愛」だけが
残るような気がします。
単純だけど尊くて遠いんですね。
自分本位に愛を求める人間達の醜さが見事に描かれてます。

そして、思った事は、これ、DVDだと横溝風に(笑)なりそうですが
ドラマCDだと面白いのではないかな~。

大正風な効果音で、情感たっぷりな声優さん達の演技、
「櫻狩り」で体験してみたいです。



コメント
この記事へのコメント
読みましたよ!
こんばんは~。

『櫻狩り』良かったですよね!!
完結まで3年かかりましたが、ジリジリしながら毎年買ったかいがありましたよ(笑)
これは、一気読みしたくなりますよね~。
下巻のあとがきがすごく印象に残りました。
2010/04/19(Mon) 20:15 | URL  | ちゃちゃ #xKBBgf2k[ 編集]
Re: 読みましたよ!
ちゃちゃ 様

こんばんは~~~(✿ฺ´∀`✿ฺ)ノ

「櫻狩り」著者の後書きもホント良かったです。
ラストシーンは「えっ!」と思いましたが、あの終わり方がドラマチックで
後書きを含めた余韻をさらに強くしたような気がします。

ちゃちゃさんは3年かけて読み進めていたのですね。
私は一気読みでしたが、上巻を読んで次の巻が届くまで少しインターバルがあったので
ジリジリした気持ち、分かるような気がします。
これを機に渡瀬悠宇さんの作品を少し読んでみようと思います。

コメントありがとうございました~~~(^o^)/~~~
2010/04/20(Tue) 01:26 | URL  | hikaru #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。