FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年06月04日 (金) | Edit |
ロイズ直営店でしか買えないパンを購入して来ました。( @ ̄¬ ̄@) ジュルリ

北海道にてふと美工場直売店、あいの里公園店、東苗穂店の3箇所のみで販売されてます。

一番人気が左上の
生チョコクロワッサン・・・185円
チョコレート色のクロワッサンの中に、
コアントロー入りの生チョコがとろ~り入っている、パンです。

やはり、チョコの専門店だけにね、旨いです。〃○(≧▽≦)○〃

ロイズ直営店のパン1

右下はチーズ・・・なんとか(名前忘れた)
これも美味しい 


え?これ全部食べたのかって?

ま・さ・か (。-ω-)ノ

お昼に個だけ

一見、甘そうなのですが、ほど良い甘さで
生地も香ばしく、柔らかすぎず固すぎず
贅沢な素材で作られたパンでした。

飲み物はブルマンコーヒーで決めてみました。


さて、食べ物の話はこれくらいに。


今、BL本と併読しながら
柏枝真郷さんのPARTNER *パートナー*を読んでます。
PARTNER〈1〉 (C・NOVELSファンタジア)PARTNER〈1〉 (C・NOVELSファンタジア)
(2004/05)
柏枝 真郷

商品詳細を見る


STORY

憧れのNY市警本部殺人課に異動した新米刑事セシル。初出勤日、女性刑事ドロシーを相棒と紹介されるが、第一印象はお互い最悪。でも事件は二人を待ってはくれなかった。バッテリーパークで他殺体が発見されたのだ。「麻薬を売りに行く」と言って部屋を出た被害者の身に何が起きたのか?事件解決に向け、二人はNYの街に飛び出した。前途多難なコンビの行く末は。




柏枝真郷さんの本を読むのは、初めてなのですが、コツコツと硝子の街シリーズなど
いつか、読もうと集めてました。

New Yorkを舞台に刑事ものを得意とする作家さんです。

特にいいな・・と思ったのは、描写のリアルさ。

マンハッタンやアッパーイーストなどニューヨーク中を走り回り
相棒となった美男美女の二人の刑事が殺人事件を解決して行きます。

恋人じゃないのに
パートナという存在は、それ以上に寄り添い、守り、労る。

著者は男女の友情がテーマーと述べておりますが
女性刑事のドロシーには恋人がすでに存在してて
プロポーズまで受けているのに、返事が保留になってる。


男性刑事のセシルとはいつも一緒にいるから、阿吽の呼吸が自然に出来てきます。

恋人でもなく、家族でもない・・・・パートナーという存在。

その微妙な関係に揺れる心理描写も読んでいて面白いです。

アメリカ同時多発テロの現場となったワールドトレードセンターが健在の頃、
New York に遊びに行きました。

まったくの個人旅行で、メトロポリタンや近代、自然史など美術館、博物館をめぐり
セントラルパークやユニオンスクエア、五番街、ソーホーにイーストビレッジなど
歩きまくりでした。2年後に911が起きました。

本を読んでいると、自分が見て感じた景色が蘇って来ます。

空港からNYへ向かう景色は、いつも映画などで目にしていましたが
それを、現実に見たら、ただ、ひたすらに感動でした。


PARTNER を読んで、そんな昔の自分がちょっと懐かしくなりました。

今、4巻まで読み終わり残り6冊!


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。