FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年08月17日 (月) | Edit |
最近近所の本屋さんが扱うBL本がめっきり減少しました。

BL専用棚が、少女ノベルに取って代わられた・・・。
しゃーないなぁ~冒険ものやファンタジー、面白いものね。
そちらの方が読者層も広いだろうし・・・。

考えたくないけど(;´Д`)'`ァ'`ァ'`ァ
BLもそろそろ陰りが見えてきたのかな・・・?
巷には、草食系?だかお弁当男子だか、
BLネタっぽい、可愛い男子が溢れてるのに む~~~~~ん

最近のファンタジー系はどれほど面白いんだ?と
飛び込んでみた。

もちろん、ヒカルの読む本はファンタジーでも
BL臭が多少漂いそうなC・NOVELSであります。

一言で言うと、兄弟愛+人外 ですね。

夜に彷徨うもの〈上〉 (C・NOVELSファンタジア)夜に彷徨うもの〈上〉 (C・NOVELSファンタジア)
(2008/05)
ロブ サーマン

商品詳細を見る



STORY
キャルは魔物の父と人間の母との間に誕生した。しかしその魔物の血ゆえに母に疎まれ、父には追いかけられる。唯一、キャルの存在を認め、守ってくれるのは兄のニコ。ニューヨークの雑踏にまぎれて二人は待ち続けた。魔物たちから忘れられる日を。だが、それが夢でしかないことを思い知らされた時―。



夜に彷徨うもの〈下〉 (C・NOVELSファンタジア)夜に彷徨うもの〈下〉 (C・NOVELSファンタジア)
(2008/05)
ロブ サーマン

商品詳細を見る


STORY

キャルの人間としての意思が魔物としての進化を阻むのなら、意思のほうを変えてしまえばいい―魔物たちの策略は成功した。キャルの顔、キャルの記憶、キャルの声で「それ」はニコを翻弄する。弟を返せと叫ぶ兄をあざ笑う、キャルの姿をした怪物。ついにニコの凶器がキャルに向けられた―。




月影の罠―夜に彷徨うもの (C・NovelsFantasia さ 4-3)月影の罠―夜に彷徨うもの (C・NovelsFantasia さ 4-3)
(2009/06)
ロブ サーマン

商品詳細を見る



STORY
長い逃亡生活に決着をつけ、異形相手のなんでも屋を始めたニコとキャルの下に、吸血鬼のプロミスから依頼が持ちこまれる。楽勝と思われる人狼組織への潜入調査であったが、依頼人はキャルの魔物の血を蔑んだ。怒るニコをなだめつつ仕事に乗り出すと、なぜかロビンとキャルに刺客が差し向けられ…。



イラスト!当然、分かるよね?和紗(かずさ)=高階佑さんデス!

いや~~~~もう惚れ惚れしちゃいます!日本の宝です。hakusyu.gif


coverill-web-1.jpg

黒髪が主人公の「キャル」で金髪の三つ編が兄の「ニコ」

coverill-web-2.jpg

ロブ・サーマンさんも日本版によるこのイラストがとても気に入っていらっしゃるようで、本の中に謝辞を述べております。その中に、「作者よりはっきりと登場人物たちを視ているみたい・・・・しかもわたしが創り出したキャラクターなのにね。すごい方です。」と。

正直申しまして、海外版より日本版の方がイイです。イメージが膨らみます。
         海外版 リアルですね~
51r4owKpnxL__SS500_.jpg

では、ネタバレ大歓迎な方だけお進み下さい。
      reading02.gif

【主な登場人物】夜に彷徨うもの_convert_20090817023323

・ニコ(人間)はキャルの兄でプロミスのボディーガードをしてます。

・ジョージーナ(千里眼の能力者)は17歳でキャルが大好きな女の子。

・ロビンは妖精パックで、何百年と生きて現在は車のセールスをしながら人間界で暮らしてる。
 色男だけどニコの事が好きで、プロミスにライバル心を燃やしてます。(BL風味?)

・プロミスは美貌の吸血鬼。後にニコと恋人同士になります。

・ラファティは治療師。医科大にも行けず、ひと目を避けて治療してる。

・サミエルはジョージーナの叔父で脅かされてオーフィの協力者になってますが、
 最後はオーフィと勇敢に戦って死んでしまいます。


海外翻訳ものです。

キャルの一人称で進められて行くのですが、ど~にも、これが読みづらくて、
最初は辛かった。ε=(。◢д◣。)ㄋ 

慣れと勢いで読破しました。

読み進めて行くと、次から次といろんな事が起きて、物語の中にグイグイ引っ張られて行く力強さがあります。発想力がとても豊な作家さんで1冊ごとに面白さがupしてます。

この兄弟は命をかけて、お互いを必要とし守ってます。
BLじゃ無いけど、激しい兄弟愛があります!!♥(。→‿←。)♥

出だしはイキナリ、下巻のクライマックス・シーンです。
おいおい・・・・いったい何が起きてるんだ?という構成のようです。

主人公キャルはバケモノ『オーフィ(最初はグレンデルと呼んでいた)』と占い師である母の間で産まれた混血。

オーフィは闇に住む魔物
あごの尖った細い顔の中で針みたいに鋭い歯がずらりと並ぶ。つりあがった目は血の色、先細りの耳
人類が存在するはるか以前オーフィは世界の王だった。

やがて、時がたちオーフィの数は減り絶滅の危機が訪れようとしてる時
オーフィは生き残りを賭けて、かつての支配力を取り戻すために
人間の女と交わり「キャル」を誕生させた。

キャルの母親はオーフィから金をもらい金のためにバケモノと寝た。

幼い頃から母親に「バケモノ」扱いされていたが、
異父兄弟のニコだけはキャルを大事にしてくれていた。

キャルが14歳の時、オーフィにさらわれます。
そのさらわれ方がアニメBLEACH ウェコムンドへ入り口が開かれるイメージなんです。
空間に異空間の扉を開くのはオーフィの能力の一つ

ソコへ連れて行かれたキャルは、2日後現世に戻って来ますが、
その間の記憶がありません。

オーフィから逃れるようにキャルとニコはニューヨークへ住み用心を重ねて暮らしてますが、
ニコがセントラルパークでオーフィを見つけた事からこの街から
逃げるために車を買いに行くとロビンに出会います。

オーフィの血で嗅覚の鋭いキャルにはロビンが人でない事を見抜き、
当然、ロビンにもキャルが何者なのか分かります。
ロビンにいろいろな事を教えてもらいロビンでは足りない情報を物知りだというトロルに命がけで
会いに行きオーフィの目的を探ろうとしますが、オーフィの協力者がついにキャルを捕らえます。

精神を乗っ取り、憑依されてオーフィの企みに協力するキャルは、ニコとロビンの敵に。

オーフィの計画を阻止し、(人類を救い)キャルをオーフィの手から取り戻したが
憑依されてる邪悪な者を剥がすにはキャルを殺すしかない。

兄ニコの苦渋の選択

弟の身体に刃物を突き立て、瀕死の状態でラファティの元へ。

助けるために、心臓を止める


主人行は死なず・・・ていいますから、最終的には助かります。( ̄▽ ̄;)

キャルは自分を守るために、
人生の何もかも犠牲にしてるニコの事を思うとつらいようです。

でも・・・・・・・・・
この兄さん、人間だけど、頭は回るし、並はずれた身体能力でスゴイです。
しかも、彼女が吸血鬼て・・・・・。弟を守る意思が半端じゃありません。
愛されてますね~~~キャル

「月影の罠」はこれの続編にあたります。
もろ、続編ですから、読まれる時は、順番に読まれた方が、より楽しめると思います。

コチラの方は、
千里眼の超能力者「ジョージーナ」が何者かに誘拐されてしまいます。

ジョージーナを返して欲しければある「冠」を探せと取引条件を突きつけられ
人狼の組織に潜入する事に

ジョージーナの自分(キャル)に対する気持ちは分かっているけど、自分の遺伝子を思うと
その気持ちに答えられないキャル
ジョージーナは自分の側にいた事から、狙われたと思いジョージーナを助けるためにオーフィの能力を開化させてしまいます。

なかなか黒幕が分からない。そして、「冠」を手に入れる事の意味は。

ロビンとプロミスも仲間になり、黒幕と対決

兄のニコまで攫われ、怒り狂うキャルは黒幕と対決し勝利します。

人としての怒りが起爆剤となってバケモノ、オーフィの能力が加われば、
単にバケモノよりも最強かもしれません。

このシリーズは現在3巻までですが、7巻まで出版が決定してます。

2009年3月にアメリカでシリーズ4巻が出版され
ニューヨーク・タイムズのベストセラーリストの26位に入ったそうです。

月影の罠_convert_20090817124440
キャルとロビンです。後ろから魔物が迫ってます。


1巻よりは2巻、2巻よりは3巻と面白いです。
すごく動きを想像させられる文章なので、アニメ化されたら、イイだろうな~と思います。
もちろん!オール和紗さんの絵で!とりあえず希望だけですけどね・・・・・。(^▽^;)



コメント
この記事へのコメント
こんにちわ~。

このシリーズ、ずーっと気になってました。
だって、イラストがあまりに素敵すぎる…(そっちかい!)
BLじゃないし、評判もイマイチなようだったので買わずにおりましたが、ヒカルさんの感想読んで何だかスッキリ。

ありがとうございました(^^)/

2009/08/18(Tue) 14:43 | URL  |  #/5lgbLzc[ 編集]
スッキリ解消!
こんにちわ~~~ 誠さん v-274

ロブ・サーマンはこれがデビュー作でした。v-315

評判も面白い!という人もいれば、稚拙すぎる・・という人も。
翻訳する方のセンスもありますし、実際原書で(英語)読んでる人は
面白い方に評価をあげてます。

自分で評価するしか無いな・・と手に取ってみましたが
これが、1巻目は苦戦しましたが、2巻目3巻目は面白かったです。

BL本で挿絵が当たり前に慣れていた私は
挿絵が無い本にもの凄く寂しさを感じました。v-409

イラストは本当にウットリです。e-266

コメントありがとうございました~v-39

2009/08/18(Tue) 16:45 | URL  | hikaru #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。