FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年08月31日 (月) | Edit |
近藤隆さん×遊佐浩二さんです。

近藤さんの自信過剰でオレ様な所に惚れ惚れします。
近藤さんといえば、最近のCDではデコイ囮鳥 安見役が印象的でした。
そうかーーーー、あの演技をされていた声優さんなのか・・・。ナニをイマサラなヒカルですね。


遊佐さん、くされ縁で高校生でしたが、
やはりデキル大人の役の方が自然な感じがしました。
決して、高校生役がNOというわけじゃ無いのですが、
コチラの方が素敵に感じてしまいます。

これ、秀さんの原作だったんですねー。
なんか、以外な感じがして・・・・・

くちびるに銀の弾丸
原作: 秀香穂里 イラスト: 祭河ななを


Chara CD Collection くちびるに銀の弾丸Chara CD Collection くちびるに銀の弾丸
(2009/08/26)
イメージ・アルバム近藤隆

商品詳細を見る



  原作はこちら
くちびるに銀の弾丸 (キャラ文庫)くちびるに銀の弾丸 (キャラ文庫)
(2003/09)
秀 香穂里

商品詳細を見る


キャスト: (澤村朗) 近藤隆×遊佐浩二 (水嶋弘貴)/ 松村幸洋 (伊藤)/ 小田久史 (北野)/ 桑原敬一 (瀬木)/ 樋口智透 (木内)/ 馬場圭介 (編集者)/ 山口享佑子 (司会)
発売日: 2009年08月26日    3,150 円
収録時間: 67分39秒    トークなし
発売元:ムービック キャラ文庫
脚本: 前川陽子
演出: 菅原三穂
作曲: Barbie May


STORY

その眼差しが禁欲的だから、煽り、追いつめてみたくなる…。ゲーム会社に勤める沢村は、自他共に認めるヤリ手広報。次の担当は、鳴り物入りで移籍してきた業界トップのディレクター・水嶋の新作だ。高いプライドと端整な美貌をもつ水嶋に、一目で興味をもった沢村。けれど彼はなぜか沢村にだけ冷たい。この男を組み敷いたら、どんな顔をするだろう…。沢村は好奇心から無理やり水嶋を抱いてしまう!ところが水嶋はその腕を拒まずに。


ネタバレバレしておりますゆえ、カブリツイテモいいわよ~の方だけお進み下さいね。

28歳 敏腕広報:澤村×31歳 トップクリエイター:水嶋

澤村は仕事は出来るが私生活はイージーな男

そんな澤村の勤める会社『ナイトシステム』に
ゲームを大ヒットさせてきたやり手のクリエイター水嶋がやって来た。

仕事に対しては傲慢自信家で完璧主義な水嶋

実は、初対面の時から、水嶋は澤村の事が気になっていたようです。
好きなタイプだったんですねー。

過去、水嶋の作り出すゲームのファンだった澤村は
今回、新作として出された企画にガッカリ感を抱き、冴えない作品に気が滅入る。

そんな澤村に水嶋は
「やる気がないならチームを下りてくれ」と突きつける。
水嶋の仕事に対する厳しさを知り澤村は水嶋のやり方にお手並み拝見という姿勢

水嶋のチームスタッフに大学時代からの知り合いである木内がサブプログラマーとして加わっている。
彼は、インケンで歓迎会などでも水嶋に絡んでいた。




ある日、雑誌のインタビューが入っていたのに水嶋にそれを伝え忘れていた澤村は
ようやく家に帰って休んでるという水嶋を電話で呼びだしてインタビューに応じてもらった。
そのお詫びに澤村は水嶋を「仲直り」と称して飲みに誘う

そこで、澤村を避けようとする水嶋の態度にぴーんときて

「男が好きなわけ?」

そして、含み笑い←近藤さんいい味出してます!

「俺はどうですか?」俺を見てるくせに、近づくと逃げる水嶋の気持ちに気づいた澤村

「試してみようよ」←澤村には先の尖った小悪魔のしっぽが見えそうです。

水嶋の家に行き、澤村は迫ります。

「敏感だね~、水嶋さん、男が好きでも慣れてなさそうだな。」

澤村に翻弄され「お前俺を何だと思ってるんだ」と焦る水嶋さん。

ここからは澤村の言葉攻めです。

「俺の事が好きなんだろう?」
「俺に惚れてるのに認めないんだ?」

仕事には完璧な姿勢の水嶋に、ちょっと優位な澤村

セックスの相手なんて使い捨てだと思ってた。でも、この人はどんな女とも違う
これほど手応えのある相手ならとことん追いつめて泣かせたくなる。

無理矢理でも俺を好きだと言わせたくなる

そんな風に思ってる澤村に水嶋は
初対面から惹かれてた事を打ち明ける

そして、二人はつき合う事に




社内では澤村を避ける水嶋

俺を避けてるでしょと水嶋を詰る澤村

「お前を見ると逃げたくなる」怯える水嶋が見えるようです。



「それって俺を好きって事?」
「俺を見るとおかしくなる?」
「シテ欲しくなるわけ?」

澤村×水嶋_convert_20090831021202



おおーーーーーーーーー!!!ここの場面イイです。
このじわじわと攻められる水嶋!攻める澤村!



立場も年齢も上の水嶋が狼狽える姿を見ながら楽しんでる自信家な澤村は
もっと水嶋の事が知りたいと思い

「海にいかないか」と誘う

この海に行った事から

ゲームのタイトル「ぼくらのおやすみ」が産まれた。

週3回水嶋の部屋を訪れるようになっていたが、接待などでドタキャンが3回ほど続き
「今週は来ないのか」という水嶋の一行メールに返事すらしていない

そんな時ショーまであと20日という時にゲームにバグを発見

水嶋の所へ様子を見に行くと
水嶋の突き放すような態度に焦る澤村

「俺にはかかわらないでくれ」「お前は不誠実だ」と突き放される。

「もういい・・・・もう疲れた。男のお前に惚れた俺がバカだった」と水嶋は出ていった。

水嶋に対して優位だと思った澤村は水嶋に突き放されて
焦りだし
そして
初めて

好きだと気づく



バグの原因は木内の書いたプログラムだった。

澤村は木内を問いつめる

木内は大学時代に水嶋とゲームを作って来たが評価されたのは水嶋だけ。
表舞台にたてない妬みで自分は使い捨てのスタッフだと卑下する木内に

澤村は

公に評価されなくても誇りを持って仕事してる人間は大勢いる。
表舞台に出られないからと言って卑怯な手を使って仲間の足を引っぱるなんて
クリエイターとして恥ずかしくないのか!

と言った所で木内には分かってもらえない。


「無能だ」と木内に言葉を投げた時、水嶋が現れ、どうやら話を聞かれてたようだ。




バグの件が解決し、木内は退職した。

話をさせて欲しいと水嶋の住まいを訪ねる澤村

大声でわめきドアを叩く
「水嶋さんここを開けてよ!あんたを好きだって言わせろコノヤロー」←近所迷惑ですね。



「なんなんだよ、お前は!俺をここに住めなくする気か!」

「お前なんか顔も見たくない」
どこまでも澤村を突き放そうとする水嶋



「俺の事、今でも好きだって言えよ。
忘れられないって言えよ。

俺はあんたが好きなんだよ。

この俺が好きになった以上、他に目を移すのは許さない。

そーゆー男を好きになったのはアンタだよ。

あんたとあの作品にふれて産まれて初めて他の誰にも渡したくないて本気で思った。

俺にあんたを好きになっていい権利を下さい。」

ストレートな澤村の気持ちが水嶋を満たしていき

おお~~~~めくるめく愛のハッピーエンド ( ̄∀ ̄*)イヒッ






ゲームの新作発表の日


水嶋は「銀の弾丸」と言って澤村に部屋の鍵を渡す。

選択次第で変わっていく関係はゲームと一緒

「銀の弾丸」とは
ソフトウェア開発において困難な問題を一気に解決デキルという幻の手法を現す比喩の事。



澤村の軽薄さが素晴らしいですね。
近藤さんの澤村役、凄くいいです。

仕事の出来る男同士です。

水嶋のオンとオフも良かった~。

立場も年齢も上なのに澤村に可愛く喘がされてます。

近藤さん遊佐さんでキャスティングも良かったです。

樋口智透 (木内役)も、見事に嫌な奴を演じてくれました。

それにしても、近藤さん・・・・・・ちょっと注目の声優さんだなー。

「くちびるに銀の弾丸」には連作があるようです。
これは、不覚にも未読だった!

次作のCD化はまだ分からないけど、
近藤さんのこんな役、もっと聞いてみたいな

遊佐さん近藤さん_convert_20090831021340

遊佐さん 近藤さん 他CAST&STAFFの皆さんhakusyu.gif

ありがとうございました。


くるぶしに秘密の鎖 くちびるに銀の弾丸2 (キャラ文庫)くるぶしに秘密の鎖 くちびるに銀の弾丸2 (キャラ文庫)
(2006/08/26)
秀 香穂里

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
こんにちは、ヒカルさん。

>これ、秀さんの原作だったんですねー。

そうなんですよ。かなり初期の頃の作品だと思います。

私は「挑発の15秒」で、働く男をスタイリッシュに描く秀香穂里さんの大ファンになりました。

このお話は、シリーズになっていて同人誌もでています。
私にすれば、このシリーズの方が秀さんらしいなあと思います。最近はエロ路線を驀進していらっしゃるので、またこういう路線のお話を書いていただきたいです。
2009/08/31(Mon) 09:32 | URL  | 桃 #-[ 編集]
秀さんの初期作品
こんにちわー 桃 さんe-420

秀さんの作品は今と初期では、雰囲気が違いますね。(;´Д`)

私は最近の秀さんを味わい(?)過ぎて、過去の秀さんを見失っていたせいか
とても「新鮮な」印象を抱いていました。

仕事の出来る男が苦悩して前へ進んで行くの・・ってイイですね。(*^_^*)

この「くちびるに銀の弾丸」が何故今CD化されたのか
よくわかりませんが、やっぱり面白かったので
この路線、もっと追求して欲しいと思います。

コメントありがとうございました~v-39





2009/08/31(Mon) 13:45 | URL  | hikaru #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。