FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年09月19日 (土) | Edit |
3P 小説であります。

これは、BL界の金太郎アメ          
kintaro.jpg
どこを切ってもエロです。( ̄▽ ̄;)

エロの中にストーリーが埋没してるような感じですね。

この本のイラは鵺(ぬえ)さんです。
いい雰囲気です。これだけ、濡れ場満載だと絵師様も本領発揮?

西野さんの文章に似合う絵師様も限定されてくるような気がします。
朝南さんとかも似合いそうです。


エンジェルヒート (白泉社花丸文庫BLACK)エンジェルヒート (白泉社花丸文庫BLACK)
(2008/11/19)
西野 花

商品詳細を見る



STORY

母親の治療費を稼ぐため、巷で噂の媚薬・エンジェルヒートの秘密を探ることになった七瀬。通称ヘヴンと呼ばれる非合法組織に潜り込んだまではよかったが、逆に策にはまり、不定期に開かれる秘密クラブの見世物として、初めての身体をさんざんに嬲られてしまった。「極限までいやらしい身体に仕立て上げて、男なしではいられないようにしてやるよ」その日から七瀬は、ヘヴンのトップである景彰と漣の性奴となり、絶え間ない淫虐に晒される。しかしどこか甘いそれに、心まで酔わされて…。


簡単な感想で宜しければ、続きから うさぎ
税理士だった七瀬は上司にセクハラされ追い込まれて辞職した。
悪い事は重なり、母が心臓の病に倒れ、経済的に不安を抱えていた時の事。

ヤクザである叔父の六郎にヘヴンという会員制の秘密クラブで扱っている薬
『エンジェルヒート』のデーターを盗んでこいと、IDとパスワードが渡される。

エンジェルヒート・・・・媚薬、強烈な効用で性経験の乏しいものでも理性が飛ぶシロモノ

母の治療費を工面出来るほどの大金を掲示され、
危険な事は無いという叔父の口車に乗って
七瀬は会員制クラブに潜り込む仕事を引き受けた。

潜入した事務所のパソコンに渡されたIDとパスワードを打ち込むが認証されない
new05.gif

「何度やっても無駄だぞ」

そこには肉食の獣を思わせるような野性的な男と
無邪気な酷薄さを持った長身の男が待ち伏せていた。

事務所にあるパソコンもIDとパスワードもダミーだったのだ。

七瀬は掴まりクラブのステージに上げられエンジェルヒートの効能をその身体で体験する事となる。

客達の見てる前で薬を使われ、何度も達して恥ずかしい姿を晒してしまい
奴隷になる事を誓わされ、調教という名の責め苦が始まる。

肉食獣を思わせる男が兄の『景彰』、酷薄な男は弟の『蓮』
この二人がへヴンのトップだった。

散々ステージで嬲られた翌日

彼らに本当の名前や誰からの指示か探られるが、
自分が口を割った事で入院中の母が危ないかも知れないと思うと、
情報を明かすわけには行かない。

顔を背ける七瀬に吐かせるために再び拷問が開始される。
気が狂いそうな薬エンジェルヒートを使われ果てしない淫虐が次から次と・・・・

途方もない快楽の前に屈し、名前と年齢を明かしてしまう。

二人の男に犯されながらも強情な態度を崩さない七瀬に今度は道具が使われ
神経が焦げ付きそうな快楽の拷問に限界を感じ、ついに、叔父との関係、知ってる限りの事を自供してしまう。

二人の兄弟は叔父の組織に何らかの圧力をかけるか報復するつもりだ。

母の身を案じて七瀬は自分の身体を対価に「母を守ってくれ」と彼らに頼む。

母親の保護してもらう代わりに七瀬は彼らのために働く事になった。

調教され確実に性奴に変えられて行く。

エンジェルヒートの取引現場に連れて行かれ交渉した男に抱かれる覚悟をしたが、
景彰はその男に駆け引きとして七瀬を抱かせなかった。
「気が変わった」と言ってホテルで七瀬と濃厚な夜を楽しむ。

彼らと過ごして連帯感のようなものを感じだしている七瀬は、容赦のない最低のやり方で犯されたはずなのに理解出来ない感情が芽生え出している。


母親の見舞いに行って来いと景彰に外出を許された。

だが病院で待ち伏せしていた叔父に拉致され、
嬲られそうな所を景彰と蓮に助け出される。

景彰に「家に帰れ」といきなり言わる。
解放されるというのに七瀬の胸中はかき乱されながらもようやく「わかった」と答えた。

母を見舞い、母と話をして七瀬は家を出て彼らと再び共にいる事を選ぶ。


まー、本当にエロシーンが多くて、西野さん凄いですね。
花丸BLACK にバンザイ~イ 

監禁、調教、拷問されながらも、この二人を信頼し惹かれていく・・・・・

作中にもありましたが、誘拐された人が「犯人は優しい人でした」というストックホルム症候群が作用してるような気もします。

蓮が「僕と兄さんとどっちが好き?」と七瀬に訪ねます。
それに対して、七瀬は「どっちが欠けても、物足りない」と返答します。

二人で1セットなら・・・・・そう、最後の濡れ場は二本差し (///∇///)あちゃー
いろいろてんこ盛りでお腹いっぱいになりました。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。